クレジットカード現金化で起こり得るリスクなどについて

エステバラ色 > 現金化 > クレジットカード現金化で起こり得るリスクなどについて

クレジットカード現金化で起こり得るリスクなどについて

2017年1月11日(水曜日) テーマ:現金化

現金が必要になった場合には消費者金融から現金を借りるという方法がありますが、審査が厳しくて勤め先や年収や家族構成といった情報が必要になります。

一方、現金を得るためにはクレジットカードのショッピング枠で商品を購入し、買取店などで売却するという方法があります。

これをクレジットカード現金化といい、業者に依頼する場合は盗難カードや偽装カードでないことの確認や本人確認などが取れれば行うことができます。

したがって消費者金融からの借金とは異なり、個人情報が流出するというリスクが低いです。業者に依頼する場合は、手数料が別途かかるので最終的な換金率が70~80%になります。

手数料がかかっても、選んだ業者によっては即日で現金が得られるので非常に便利です。

口コミサイトで評価の高い業者がありましたので参考までに:ビックギフト口コミ

ただし、悪徳業者にあたるというリスクがあります。中には必要以上に個人情報を聞き出す業者もいるので、注意が必要です。

優良な業者を選ぶためには念入りに情報収集を行うことが大切です。特に、業者のホームページは参考になります。

携帯電話の番号やメールアドレスしか情報がない業者は、いざというときに連絡が取れなくなる可能性があります。

会社の所在地や運営代表者のフルネームや建物名の記載があることが重要で、さらに運営代表者のプロフィールや略歴や写真がある業者は信頼できます。

一方、自分でクレジットカード現金化を行うという方法もありますが、カード利用停止になるリスクが高いです。

また、いずれの方法でも後でカード会社に代金を支払う必要があるので、計画的に行うことが大切です。